ちょい田舎暮らし メリット&デメリット

田舎に住む前に知っておきたいメリットとデメリットを事前にチェックできます。

[八雲町・N邸 H20年~住居]

メリット

  1. 家族が一致団結しないと様々な作業が上手く進まないため、その為家族が一つにまとまる。
  2. 当初は自給自足して風力発電(北の国からの生活)という田舎暮らしの理想がありましたが、現実は無理です。というかやめたほうがいいです。家族が病院や学校へ行ったり、買い物など日常生活で困ったら長続きしません。その為飲み屋さんから車で約30分位までがベストだと思います。
  3. 薪ストーブでの煙がモクモク出るバーベキューも気にならない。
  4. 自治体にもよりますが私の地区は組織が無い為ゆるくて良い。
  5. ゴミ捨て場が車で3分かかる場所なので当初は遠いと思ったが、夏場には臭いなどが気にならないので逆に遠くて良かった。
  6. 子どもに胸を張って火の点け方を教えることができる。
  7. 野球・サッカー・雪・泥・プール遊びが好き放題できる。
  8. 6月になると自宅の庭に蛍が出現する。(山の境の小川にカワニナがいるがこれがエサになっている。カワニナは水が綺麗でないと生息できない様です)
  9. ウグイスの鳴き声が聞き放題。特に4~5月の春は近くで鳴いています。
  10. 子どもが庭で遊んでいるのが見ることができていい。
  11. 田舎の学校なのでいじめが基本的にない。

デメリット

  1. 夏の草抜きは覚悟しておく必要あり。(家族でしましょう)
  2. 飲み会が終わってからの嫁タクシー(笑)はお土産が必要かも。
  3. 動物との格闘があり。イタチ、タヌキ、ネズミ他が糞をする(お父さん処理担当)
  4. 居留守がしにくい(嫁さん)
  5. 車がないとどこへ行くにも不便。免許は常に満点でいたいです(お父さん)
  6. 薪ストーブの薪作り、薪運びが大変(嫁さんが頑張っているせいで…)

[八雲町・Y邸 H28年4月~住居]

メリット

  1. 朝起きた時に大きな木々の緑が目に入り、鳥のさえずりが聞こえ(ウグイスの声が5月でも聞こえる)夕方からはカエルの大合唱が聞ける。/li>
  2. 緑を見ながら食事ができる。特に住んでいる虹ヶ丘は眺めが良い!
  3. 隣近所と隣接していないので視線や物音を気にしなくてよい。
  4. 土地が広くゆったりしているので、畑やバーベキューもやりたい放題。

デメリット

  1. 市街地への通勤時間が長い。
  2. 冬は寒そう。路面やフロントガラスの凍結が気になる(特にここ虹ヶ丘は坂道なので)
  3. 伊勢宮町(飲み屋街)から遠いのでタクシー代がかさむ。
  4. 道が暗い。(街灯が少ない)